« 仕事 | トップページ | 怒りの裏側にある感情 »

2016年3月 6日 (日)

【まさゆ記】〜やりがい〜  

学生の頃は、仕事や職業自体に
「やりがい」のある、なしがあると思っていた。
 
だから「やりがい」のある仕事に就きたかった。
 
でも、社会に出て分かった。
仕事や職業自体に「やりがい」は付属しない。
 
もちろん誰かが「やりがい」を
与えてくれるなんてこともない。
 
では、やりがいのある、なしは
どこに分かれ道があるのか?
 
その分かれ道を決定づけるもの、
それは、自らやるか、やらされるかの差だと思う。
 
どんなに魅力的にみえる仕事も、
ただやらされているだけだったら、
そこに「やりがい」は発生しない。
 
意思のない仕事は、ただの作業だ。
 
私達の応援という仕事も、
「この人をこの言葉でこんな風に応援してください」
と指示されたことだけをやっていたら、
やりがいは感じなかったと思う。
 
逆に、辛い仕事だったとしても、
その中で自分で考え工夫し始めたら、
そこにやりがいは生まれる。
 
つまり、「やりがい」の正体は、
その仕事に込めた意思の量であり、
それによって動いた心の量だ。
 
己で自分の仕事の舵を握れるかが、
勝負なんだと思う。
 
だからもし、
仕事にやりがいを感じられない時は、
自分なりに工夫すること。
 
ちょっとした工夫でいい。
与えられた仕事の中に、
私なりの思考の痕跡を残すんだ。
 
やりがいは与えられるものではなく、
自ら作り出すもの。
 
我武者羅應援團 総監督 武藤正幸

Masayuki223

|

« 仕事 | トップページ | 怒りの裏側にある感情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39794/63309395

この記事へのトラックバック一覧です: 【まさゆ記】〜やりがい〜  :

« 仕事 | トップページ | 怒りの裏側にある感情 »