« 自分に厳しい人 | トップページ | 上越市立頸城中学校応援 »

2014年10月15日 (水)

【まさゆ記】~働く後に残るもの~

同じ「働く」でも、
誰かの指示に従うだけで、
ただやらされて「働く」のと、
目の前の課題を自分で考え、
自らの意思で「働く」のでは、
残るものが全然違う。

やらされている人は、
働いた後に、疲労が残る。

自分で考えて取り組む人は、
働いた後に、やりがいが残る。

働くことの本質は、
与えられた仕事を、
どれだけ自分事にできるかどうか。

さらに言えば、
与えられてないことですら、
自ら首をつっこみ、
自分の仕事にできるかどうか。

つまり、
目の前の状況をより良くするために、
おせっかいのごとく、
自分なりのセンサーを
バンバン「働かせる」ことこそが、
「働く」ということなんだと思う。

我武者羅應援團 総監督 武藤正幸


Masayuki141015

|

« 自分に厳しい人 | トップページ | 上越市立頸城中学校応援 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39794/60485101

この記事へのトラックバック一覧です: 【まさゆ記】~働く後に残るもの~:

« 自分に厳しい人 | トップページ | 上越市立頸城中学校応援 »