« 『ない』 | トップページ | 何かをやり続けたいのなら »

2013年3月 6日 (水)

僕は応援団に憧れた。

15歳の春、僕は応援団に憧れた。
応援団に入って
自分を応援できるようになりたかったんだと思う。
押忍 我武者羅應援團 團長 武藤貴宏

A52e5953

|

« 『ない』 | トップページ | 何かをやり続けたいのなら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/39794/56902698

この記事へのトラックバック一覧です: 僕は応援団に憧れた。:

« 『ない』 | トップページ | 何かをやり続けたいのなら »