2016年8月31日 (水)

あなたが しんどい思いをしているのは

あなたが
しんどい思いをしているのは
今の現状に満足せずに
新しい自分を目指しているからだ。
史上最高の自分に出会うために
何としてもその壁を乗り越えろ。
我武者羅應援團 團長 武藤貴宏

S_dsc01306

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

【まさゆ記】 ~背中~

誰も背中を押してくれない?

背中は押してもらうためのものじゃない。
志を語るためにある。

我武者羅應援團 総監督 武藤正幸

Masayuki286

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

【まさ行く】〜自分に期待する~ 

リオオリンピックが終わり、
(今度は9月7日からパラリンピックが始まります!)
あらためて今、思うことがあります。
   
吉田沙保里選手の決勝での闘いの後、
私はこのフェイスブックに気持ちを書きました。
  
================
吉田沙保里選手
どんな結果であろうと、
闘うことを選び、今日まであえて茨の道を進み、
最後の最後まで諦めなかったあなたのことを、
私達は誇りに思います。
================
 
もちろん勝負ですから勝ち負けも大事です。
でも我武者羅應援團が応援したいのは、
あえて厳しい道へ挑むと決めた、
吉田選手の覚悟です。
 
吉田選手はリオオリンピックに出る理由を、
こう話していました。
 
「自分はもっと強くなれると思ったから」
 
今回、日本中が吉田選手に期待をしました。
でも誰もよりも吉田選手に期待をしたのは、
彼女自身だったと思うのです。
  
そして誰かの期待に応えるよりも、
自分の期待に応えることの方が、
はるかに大変です。
 
だって自分は自分こと全部見てますから。
弱い心や逃げたくなる気持ちも、
誰よりも分かってしまいますから。
 
それでも吉田選手は、
自分と闘うことを選びました。
 
どれだけ険しい道でも、
諦めずに進み続けました。
 
その生き方を、
私は美しいと感じたのです。
 
 
そして今、思います。
 
吉田選手を応援すると言っておきながら、
応援されていたのは自分達だったのだと。
 
吉田選手が諦めずに闘い続ける姿から、
 
もっと自分に期待していいんだ。
 
もっと自分を信じていいんだ。
 
そんなエールをもらいました。
 
 
最後まで自分を信じた先にこそ、
結果よりも大切な、
自分の命が輝く瞬間があるのだから。
 
我武者羅應援團 総監督 武藤正幸

※我武者羅應援團メールニュースより抜粋

Masayuki285

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一生懸命やったら

一生懸命やったらどんな結果でも

絶対最後に感極まれる。

我武者羅應援團 團長 武藤貴宏

S_dsc01837

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

行動すると

行動すると
もっと行動したくなる。
自分の心を信じて一歩踏み出すと
もっと自分を信じたくなる。
我武者羅應援團 團長 武藤貴宏
S_dsc01988

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«リオ五輪決勝戦